最近の消費者金融のほとんどが「おまとめローン」を販売しています。おまとめローンは借り換えローンとも呼ばれていますが、その名の通り、複数の貸金業者からの借入金をすべて1社にまとめるためのものです。おまとめローンが販売されるようになった理由は消費者金融と利用者双方のメリットの一致にあります。

改正貸金業法による総量規制が施行されて以降、消費者金融はカードローンにおける貸出額が大幅に減少しています。それは、利用者の年収の3分の1の額までしか貸し出せなくなったからです。ところが、おまとめローンは総量規制の例外規定に該当するため、年収による貸出額の制限がありません。そこで、売上をカバーするために消費者金融は積極的におまとめローンを販売しています。

一方、利用者におけるおまとめローンの主たるメリットは利息の削減と返済額の軽減です。利息が削減できるのは、複数の借入金をまとめることで貸出金利が低下するため、おのずと利息が少なくなるということです。例えば、借入金が50万円の場合、金利は18%ですが、3社から借り入れている50万円を一つにまとめて150万円にすれば、金利は15%以下になります。

そして、おまとめローンに新たに契約することによって返済期限を延長できれば、毎月の返済額を軽減することが可能になります。